2017年11月11日

膝を痛めずに歩く

ウォーキング教室では、かかとから着地することを強く指導されます。

それはわかっていたのですが、最近ようやく膝にこない歩き方が体得できた気がしています。

脚にはクッションがあります。車でいうところのサスペンションでしょうか。それはアキレス腱です。

この本で学びました。

 『うにもすごい バッタもすごい』 本川達雄著 中公新書

歩き方のポイントは3つあるそうです。

(1)ひざを伸ばして歩く → 筋肉ではなく骨が体重を支える
(2)重力を利用する   → 体を前に倒して、自力ではなく重力を使って前へ進む
(3)ばねを利用する   → 着地するとアキレス腱が縮み、地面を蹴るときにアキレス腱が伸びる

ひざを伸ばして歩くのも、なかなか難しいものです。膝を曲げて重心の高さを一定に保つ歩き方を”なんば歩き”といい、日本の武士の歩き方であり、臨機応変に体を動かせるメリットがあるそうです。私は北海道出身ですが、雪道を転ばずに歩くため、自然と膝を曲げた歩き方になっていました。

膝を伸ばして歩いているつもりでも、完全に伸び切って着地することができていませんでした。

脚の後ろの筋肉をハムストリングと言いますが、着地したときの意識を膝ではなくハムストリングにおいて、ハムストリングを伸ばし切って体重を受けるイメージをしたところ、ようやく膝を伸ばしきった状態で着地できるようになりました。伸ばし切ったハムストリングに体重がかかる感覚がつかめてきたのです。

さらに、そのときにお尻にも体重がかかることがわかりました。膝を伸ばしきって着地すると、ハムストリングとお尻に体重がかかるのです。

この感覚を得て、ようやく膝を痛めずに歩くことができるようになりました。

まだ練習中で、ちょっと意識が緩むともとに戻ってしまうのですが、無意識にできるよう練習を続けて行くつもりです。


posted by power_cubic at 08:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする